AI-sound

簡易吸音ルーム「ライトルームプラス」のレビュー by AI-sound 

   

ライトルームプラス

おはようございます! AI-sound代表のあいとも(@ringotya)です。

今回は、infist design様が販売している簡易吸音ルーム「ライトルームプラス」のレビューをしていきたいと思います!

大手メーカー様の防音ルームだと工事が必要だったりして大変ということから開発したそうですね!
(詳しくは↓のURLを覗いてみてください)
http://www.infistdesign.co.jp/control_5.html

ちなみに、HPには工事いらずでチャックで簡単に組み立てできると書いてありますが、
僕としては、かなり大変だった印象ですw(Lサイズ買ったからかな・・・?)

もし購入して、組み立ての際は一人でやらないほうがいいです!!!
必ず2〜3人くらいいたほうがいいですよ(*˘︶˘*)

「ライトルームプラス」の防音・吸音効果

Youtubeに公式から吸音効果の実験動画があがっています!

動画見てもらえればわかるのですが、
あくまで簡易吸音なので、
完全に音が漏れなくなるというものではないですw

IMG_1006
中はこんな風になっています。
「ライトルームプラス」だと光が入る窓がないので、
「真っ暗でも大丈夫!!」って人以外は明かりが必須です。

撮影が下手でわかりづらいとは思うのですが、写真はLサイズです。
身長170前後で体重50〜90kgの人が2人入って歌えるくらいの空間ですーヽ(*´∇`)ノ

実際に使っていて、
ライトルームプラスの中に入って歌ったり大きな声出せば同じ部屋にいる人には音聞こえますが、
全然気にならない程度です(*˘︶˘*)

音漏れイメージは、カラオケの2〜3人部屋に近いかなーと思います!

カラオケでドリンク取りに行って戻ってくるときとか、
部屋の中から歌声漏れて聞こえることってありますよね??
あれの感覚に近いです〜。

購入前の注意点

実際に買ってみて、いくつか注意点や「○○用には不向き」などetc あるので書いていこうと思います。


1.床の敷物
僕自身も「あ、付属してないのか」と少し驚きました(購入前にしっかり確認してませんでしたw)
マットを敷いた上に組み立てたり、床用の防音パネルなど用意したほうが良いかなと思います。


2.サイズ選び
2017年6月現在、S,L,LLの3種類のサイズがあります。
【Sサイズ】
僕としては自宅での練習用には最適かなーと思います。

マイクスタンドなどを置いて録音するには少し窮屈かもしれません。

【Lサイズ】
マイクスタンドなど置いても窮屈にならずに録音などやりやすいサイズかな?と思います。

机とかデスクトップパソコンは厳しいですがノートパソコンくらいなら入る余裕ありますよ!

【LLサイズ】
Lサイズよりさらに大きい!?

机を置けるくらい広いようですw 
僕としては、机置いて作業部屋として使うのは「やめたほうがいいかなー」と思っています。

ライトルームの中はけっこう暑いので、この中で作曲とかミックスとか作業するのは不向きです( ̄◇ ̄;)
録音だけで使うのには良いのですが、作業部屋としてだと夏は地獄です・・・。

広いので歌以外の楽器演奏、録音用として良さそうですね!!


3.一人で録音するのがけっこうめんどくさい
人に来てもらって録音ブースとして使う用としてはスムーズにやりとりできて、
けっこう良いです。

人に使ってもらうと、
ほぼ100%「この中あったかい(あつい)ですね」と言われちゃいますけど・・・

僕としては、そっから話広げられて歌い手さんの緊張もほぐれていいのかなー
とか思ってますw

しかし、一人の場合は
DAWを操作して部屋に入って録音して、部屋でて確認して・・・
って動きが多くて疲れちゃいます。

サブモニターディスプレイとマウスをライトルームの中に置けば解決なんですけどねw 

まとめ

活動柄、歌のこと主体の内容になってしまいました^^;

簡易吸音室としての役割(効果)は、しっかりしていると思います!

自宅の工事なども不要で手軽に設置できるのも良い点ですね!

歌用で吸音(防音?)系のアイテムお探しの際は、ぜひ候補として考えてみてはどうでしょうか?

 - レビュー