AI-sound

【ボーカルエディット〜ミックス】歌はどう変化していくのか?【データ付き解説】by AI-sound

   

ボーカルエディットとは

おはようございます! AI-sound代表のあいとも(@ringotya)です。

最近いろいろなところで耳にする「ボーカルエディット」、「ミックス」という言葉。
歌ってみた界隈では、時々「ミックス=リズムピッチ補正」と思っている人もいて、
間違った認識をしていたりする人が増えてきた印象です。

「間違った」と表現はしたものの、界隈によってはそれが正しいとなっているかもしれませんね。
僕としては、「ミックス」「ボーカルエディット(=リズム・ピッチ修正)」は、まったく別の作業という認識をしています。

AI-soundでもそうですが、様々な人の依頼のページを見てみると、
「ミックスやります」とは別に「リズム・ピッチ修正します」や「ボーカルエディットやります」など書いてありますよね!!

人によって、言い方や考え方が違うと思いますが、
「ボーカルエディット」=「リズム・ピッチ修正」という意味で使われることが多いのではないでしょうか?

今回の記事では、歌ってみたミックスを例に「ボーカルエディット」と「ミックス」の作業で、どう音が変わっていくのか紹介していって、
どういう作業をしているのか説明していきたいと思います!!

ボーカルエディットとミックスの作業の違いに気づいて知っていきましょう!!!

ボーカルエディット〜ミックス

使用楽曲:妄想感傷代償連盟

1.データの確認

まずは、受け取ったデータの確認です。(※データ容量の都合上、1部分のみ使用しております)


まずはカラオケと歌を読み込んで、テンポとキーを設定してクリック音に合うように編集します。
あとは適当に歌い始め部分だけ合わして確認です。

iPhone7で録音をしたそうなので、ちょっと音質が荒いですね笑

2.リズム修正

AI-soundでの歌ってみたミックスでは、次にリズム修正をやります。

スクリーンショット 2017-06-29 17.44.35
上がリズム修正後の波形、下がリズム修正前の波形です。
1語1語丁寧にリズムを合わせていく作業です。

曲調にもよるのですが、つい癖で細かくやってます。
「気が狂っている!!!」など、お褒め?いただいたりします笑

ちなみにリズム修正後の音はこちら!!

「え?何か変わった?」って思う人もいるかもしれませんね笑
1語1語微妙に動かしていて、良く聴こえるようになっているんです!!!

短い間隔で最初のと交互に聴き比べると気づくことがあるかも???

3.ピッチ修正

スクリーンショット 2017-06-30 6.37.32
画像はAutotune8というソフトです!
AI-soundでは、Autotune8とMelodyne4を使い分けてます。

ピッチ修正は、「言葉聞いたことある!」って人がほとんどなんじゃないでしょうか?

歌ってみたをやっている人たちは、
「知らない人はいないんじゃないか??」ってくらい有名かもしれません笑

ピッチ修正作業では、
先ほどのリズム修正した歌のトラックに、Autotune8をインサートして微妙な音程のズレをなおしていきます!

こんな感じ・・・でしょうか? 音程が良くなったと思います!

ちなみに0:37〜あたりの音がわかりやすく変になっていますね。

ピッチ修正ソフトは「どんな歌も綺麗に直せる万能ソフト」のイメージがあったりしますが、
そんなことはないです。

動かす音程の高低によってだったり、ピッチの直し方によって、音が濁ったり、ケロケロボイスと呼ばれるような音になってしまいます・・・

こういう場合は、直せそうなら修正やり直します。  (どうしても無理なときは歌い直してもらったり加工で誤魔化すなどします!)
綺麗に聞こえるように直していきましょう(๑╹ω╹๑⋈ )

4.ミックス

音の質感とか、いきなり驚きの変化します!!!!!
ミックス作業では、歌が綺麗に聴こえるように整えていきます。

要望では、「できるだけクリアにかっこよく!」って言われたので、自分なりにそんな雰囲気にしました。
録音環境によるザラつきを抑えるのと、歌が細くなりすぎないようなバランスとるのが難しかったなと感じてます。

スクリーンショット 2017-06-30 9.26.18

いちおう「どんなソフト使ってミックスしたんだろう???」と気になる方向けに、
使ったプラグインを載せてみました。(※↑画像)

ディレイやリバーブは秘密です(*/▽\*) またいつかの機会に紹介すると思います笑

まとめ

ボーカルエディット〜ミックスまでで歌がどう変わっていくのかを紹介してみました!
おもしろい情報を発信できたのではないでしょうか?笑

今回、初の依頼データ使った記事となりました!
こんな感じに記事を更新していく予定です!

記事に歌データを使ってもいいという条件で、無償で依頼受けたりしてますので興味ある方は
ページをよく読んでから、気軽に連絡ください。
http://ai-sound.com/?page_id=501

また、通常依頼としてボーカルエディット(必要な場合〜ミックスまで)の有償依頼も受けておりますのでこちらも興味ある方はぜひ!
http://ai-sound.com/?page_id=313

データについて

(※ミックス時の状態をそのまま書き出して使っているので、もしかしたらデータの音量小さかったかもしれません。
聴くときは、うまく調節してもらえたら幸いです!次回から工夫していきます。

 - Protools, ボーカルエディット, ミックス, 歌ってみた