AI-sound

【Protools講座 #4】テンポ変更したりクリック音鳴らしたり by AI-sound

   

挨拶

おはようございます! AI-sound代表のあいとも(@ringotya)です。

前回の講座記事で打ち込みをやりましたね!

MIDIでもオーディオでも、制作していく上で必要になってくるのがテンポ(BPM)情報やクリック音です!

今回はテンポ変更のやり方とクリック音をならせ方を解説していこうと思いまーす!!

テンポ変更

スクリーンショット 2017-09-30 4.09.50

まずは画像の順番でクリックしていって、テンポを表示させましょう!!

デフォルトの状態はテンポ120です。

『絶対にテンポ120の曲しか作りません!!!!!』って人以外は、変更したくなりますよね!笑

スクリーンショット 2017-09-30 19.51.31

スクリーンショット 2017-09-30 20.01.34

表示されたら、テンポのとこの「+印」をクリックして「BPM」の数字を「変更➡︎OK」でテンポが変わります。

5〜500の数値に対応しています!

クリック音鳴らす

スクリーンショット 2017-09-30 20.17.19

「トラック➡︎クリックトラック作成」でクリック用のトラックが作成されます。

実は「オーディオトラック」にインストゥルメントの「ClickⅡ」をインサートでも同じものがつくれます!

スクリーンショット 2017-09-30 20.30.51

Protoolsのクリック音ってプラグインになっているから、
手軽にクリック音を編集できます(`・ω・´)/

デフォルトのクリック音が嫌だったら自分好みにいじってみましょう!!!


クリックトラックを作成できたら、
「スペースキー」を押して再生したら、クリック音が鳴りながら再生されますよ!

クリック音が鳴らないとき

スクリーンショット 2017-10-01 1.43.08

MIDIコントロールの設定を確認してみましょう!
画像で赤色に囲っている「メトロノームマーク」をついていなかったら、
つけると鳴るようになると思いますよ(`・ω・´)/

まとめ

スクリーンショット 2017-10-01 2.29.17
・画面左上「▼」でテンポの表示➡︎「+」でテンポの変更

・「トラック➡︎クリックトラック作成」でクリックトラック作成


 

クリック音は、録音や曲制作など様々な場面で活躍します。

ぜひ、やり方を覚えて制作に活かしていきましょう(`・ω・´)/

ではまた次回〜

 - Protools講座